読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

比較演算子の順番について

以上、以下を表す比較演算子で気を付けること

mozilaのリファレンス(https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/Comparison_Operators

if (cnt === 0) {
        $(target).text("あああ");
} else if (cnt =< 21) {
        if (hoge === "A") {
            $(target).text(cnt + "いいい");
        } else {
            $(target).text(cnt + "ううう");
        }
    } else {
        $(target).text(cnt + "えええ");
    }
}

どこかが間違ってる。

if (cnt === 0) {
        $(target).text("あああ");
} else if (cnt <= 21) {
        if (hoge === "A") {
            $(target).text(cnt + "いいい");
        } else {
            $(target).text(cnt + "ううう");
        }
    } else {
        $(target).text(cnt + "えええ");
    }
}

以下は<=で表す。 <、=の順番が変わると動かない。 値をみる処理の順番として、"より小さい"または"等しい"(以下) (<=)とみるので、先に"等しい"を持ってくると"より小さい"という部分が拾えないのではないかと推測した。 演算子の優先順位 - JavaScript | MDN